カレー系バックパッカーのブログ

世界一のカレーを求めてどこまでも

県境、国境なんか関係ねぇ!

カンボジアでキレる

タクシーに乗り込むとカンボジアの何もない道をただ突き進む
カンボジアの道路はひたすら真っ直ぐで、
側道は赤土 バイクだったらスリップに怯え続けそうな道だった


僕たちは、カンボジアでいきなり迷子になるというハプニングのせいで
かなり精神的に参ってしまっていた

なので、タクシーの中では睡眠を取ろうと、被っていた帽子を深く下げ
眠りにつこうとした


だが相乗りしていた謎のインド人が急に喋りかけてきた
名前は?職業は?などという何気ない会話だったので、
疲れていたので適当にあしらっていた


しばらく無言が続きやっと休めると思った時、またインド人が喋りかけてきた
「太陽と月どっちが尊いのか?」
咄嗟になんやねんその質問と小声の大阪弁でツッコミを入れてしまったが、
インド人は鋭い眼差しでこちらを見ている


勘弁してくれと思った 精神的にも肉体的に疲れている時に哲学的な話をしたがる奴は
地球上のどこを探してもいないだろう


めんどくさいのでフィフティーフィフティーといかにも日本人らしい曖昧な返事を返した
インド人はお返しに自分の答えを真剣に伝えて来るが、僕たちは適当な相槌で右から左に聞き流した


そして沈黙 もう何も考えたくないと喋りかけんなオーラを出したが、インド人には通用しないらしい 次の質問がきた
「太陽のことをどう思う?」
いや、知らんがなと今の精神状態では
ベリーホットボール(めっちゃ熱い球)としか返さなかった


こんな会話がひたすら続いた
休みたい時に哲学トーク 本当に地獄だった
しかも哲学インド人はタクシーをよく止める
トイレ休憩は許せたが、ビール休憩はイラっとした
どうやらアルコールが無いとダメらしい
哲学トークがだんだん酔っ払いの無駄話に感じてきた


結局一睡も出来ないまま、1時間半ほどでアンコールワットの町シュムリアップへ到着した
しかし、宿も決まってないのに訳のわからない郊外に降ろされた
すると5人くらいのバイクタクシーの客引き達が一斉に僕たちの所にダッシュしてきた
「ヤスホテルアル カモン!」
「ドコイクノオニサン!」
「ヤスイ チープ カモン!」

疲労がピークの所に怒涛の客引き
哲学インド人は客引きに連れられ消えていった
僕らの力のないノーや歩いていくからなど聞く耳を持たない
すると僕の中の何かがプツンとキレた


「マイ フットイズベリー!ベリー!ストロオォォォングッ!! オーケイ!!??(俺の足はめっちゃ強いから歩けんねん!! わかってるか??)」
意味のわからない英語で大声でキレてしまった
客引きは一瞬ドン引きしたが、まだ続けて客引きをして来る
もう無理だと思い無視して小走りで逃げた


宿を探しても全く見つからず、まず自分たちがどこにいるのかもわからないので結局野良のバイクタクシーを拾った
タケオゲストハウスと力なく言うとオーケイと返事が返ってきた
半分死んでる状態でバイクタクシーに揺られているとゲストハウスっぽい所の前に止まった
ぼったくり料金を値切る力もなくお金を払い、チェックインをするためにカウンターへ向かうと、「ウェルカム!サクラゲストハウス!」
いや、タケオゲストハウスって連れてけ言うたやないかーい! 疲労度マックスでもツッコミを入れてしまった


もうどこでもいいやと思い、サクラゲストハウスに泊まる事になった
荷物を置き、ゲストハウスの横にある食堂へ向かった
疲れ果てた体にカンボジアの御飯の美味しさが染み渡った
値段は300円もしないが、この時食べたチャーハンは高級中華店のチャーハンに勝てるぐらい美味しかった


そして何より、ここの食堂の看板娘2人がフレンドリーでとても愛想が良く、可愛らしかった
カンボジア語の美味しい「チャゲン」を教えてもらうと、僕らは狂ったようにチャゲン!チャゲン!と連呼すると、とても喜んでくれた


ご飯の美味しさ、人の良さを感じ疲れが吹き飛んだ
カンボジアはなんていい国なんだと思いながら眠った


続く

はじめての国境越え

日本では、陸路での国境越えはできない
自分の足で国を跨ぐ事を考えると
はじめてのおつかいぐらいワクワクした


荷物をまとめ、宿を出る
バスの時間までまだ余裕があったので、ディンのいる食堂へ朝食を食べに行った


テンションはマックスなので、朝からタイチャーハンを注文 パイナップルの甘みとカシューナッツの歯ごたえ、チャーハンの塩加減が見事に調和して、とても美味しかった


朝食を食べていると、隣のイタリア人二人組が声をかけてきた
タイのどこが良かったか、どこに行くのかなど色々話をしていると職業の話になり、
僕は「アイアム カラテ ティーチャー」と伝えた


すると1人のイタリア人が俺もカラテをやっているんだ!
目を輝かせて握手を求めてきた
よほど嬉しかったのか俺の型を見てくれといきなり店の外で
バッサイダイを披露してくれた



型はとてもうまく、僕の五倍ぐらいキレがあった 「ブラボー! ユーアーストロング!」と拍手したら、イカツイ顔に似合わず照れていた


イタリア人達と別れ、バス乗り場へ向かう
バスというよりはバンだった
10人乗りくらいのバンに色々な国籍の人が詰め詰めに乗り込み、タイ国境の町アランヤプラテートで国境を越え、カンボジア国境の町ポイペトからアンコールワットの町シュムリアップを目指す

バンの中は楽しく、友達は後ろの方で金髪の外国人お姉さんに囲まれていてとてもハイテンションだった


タイのサービスエリアで休憩してから、
謎のレストランで昼食を挟み16時ごろアランヤプラテートに到着


ビザなどは日本で取得していたおかげであまり面倒無く、タイを出国できた
そのまま歩いてカンボジアイミグレーション方面へ向かう
カンボジアのイミグレーションを突破できれば、陸路国境越え完了だ

特に質問もされず、簡単にイミグレーションを通してもらい友だちのダイティを確認すると、審査員と何か言い合っていた
すると審査がだめだったらしく、また列の最後尾に戻された
いくらヒゲを伸ばしてるとはいえ、日本人が弾かれる事に驚き、カンボジアではダイティの顔はテロリスト顔なのかと考えながら、大丈夫かーと声をかけた


どうやらタイ行きの飛行機で配られた出国カードを無くしてしまったらしい
出国カードを無くすと入国が難しくなるようだ
ダイティは諦めず、三つあるイミグレーションの二つ目に飛び込んだ
何か色々と言い争っていたが敗北し、また最後尾へとぼとぼと帰って行った


そして最後の希望 三つあるうちの最後のイミグレーションへ並ぶ
僕もダイティが突破できる事を祈った
ダイティは土下座する勢いで最後の審査官の前に飛び込んだ
長々と話し合い、なんとか通して貰えることになった
いやー良かったなーと喜んだのもつかの間、イミグレーション突破に時間がかかり過ぎ、同じバンに乗っていた人たちとはぐれてしまったのだ


どこへ行けばいいのかと思いながらイミグレーションを出るとそこには、
タイとは全く違う世界が広がっていた
道路はダイレクトに物乞いをしてくる人々匂い、明らかにカンボジアってるなーと感じた


感傷に浸ってる暇もなく、同じバンの仲間を探す
カンボジア国境の町ポイペトは明らかに治安が良くなさそうだった 日が暮れるとどうなるかわからない カンボジアで迷子になってしまった


はじめてのおつかいで泣きそうになる子どもの様な顔で探し回ると、なんとか乗り換えのバスを見つけることができた


バスに乗り込むと相当待っていたらしく、遅いねんオーラがハンパ無く、ソーリー以外の言葉は出てこなかった


バスが出発すると直ぐにタクシー乗り場に止まった
どうやらここからはタクシーで行けという事らしい


わけもわからず、言われるがままにタクシーに乗り込むと、謎のインド人おっさんも乗り込んできた


どうやら相乗りらしい 日本人2人 カンボジア人 インド人でアンコールワットの町シュムリアップを目指した


続く

看板娘のタイ語教室

アユタヤーから帰りの電車は寝てしまった
やはり象による疲れが原因だろう


バンコクに到着するというアナウンスが奇跡的に聞こえて目が覚めた
ふと窓から外を見ると、ここでも日本との違いを感じて驚いた

なんと電車が走っているにもかかわらず、人が普通に歩いている
しかもその隣では子供たちがボール遊びをしていた
日本でこんな事をすれば即、炎上するだろう
しかし、ここはマイペンライ(なんくるないさー)の国 電車の運行さえ邪魔しなければ
歩こうがボールで遊ぼうが自由なのだろう


線路の人々を見ている間に、バンコク フアランポーン駅に到着
宿は駅のすぐ横に決め、荷物を置き晩飯を探すことにした


適当に歩いてると、中華街に迷い込んだ

ここで夕飯を済ませようと考えたが、何故かどこの料理屋も満席で座れそうにない
ここで王将でもオープンしたらエゲツないほど儲かりそうだと思った


中華街は諦め、また駅の方へ
すると駅前に地元のタイ人にも人気がありそうな食堂を発見した
腹も減って疲れていたので迷わず飛び込んだ


店名はタイ語なのでわからないが、寡黙で職人っぽいダンナ 大阪のおばちゃんとタイのおばちゃんがフュージョンしたようなおばちゃん、そして16歳くらいの看板娘であろう子で店を回していた


道路まではみ出ているテーブル席に着き、料理とビールを看板娘に頼んだ
だが、看板娘はあまり愛想が良くなかった


しかし、久しぶりに歳の近い女子を見た僕らは何とか喋りたいと思い、タイチャーハンが運ばれて来た瞬間、口の中にかきこみ大声で「アロイ!!(美味い!!)」
と叫んだ
すると愛想のなかった看板娘の笑顔が見れた
それがとても嬉しく、食べるたびにアロイ!アロイ!と叫んだ
多分噛む回数より、アロイって言う方が多いくらいに


すると向こうから名前を聞かれた
僕はジョー 友だちはダイチと伝えた
看板娘は確認するために名前を呼んだ
「ジョー!」「 ダイティー!」
友だちは「ノーノー!ダ!・イ!・チ!」
看板娘は難しそうな顔をしながら
「オーケー ジョー! ダイティェ!
どうやらタイではチと発音できないようだ
友だちは少し残念そうだった


看板娘の名前はディン この名前は逆に日本人には発音しにくいらしく、僕らがディン!と呼ぶとノー!ディィン!とよく訂正させられた


その流れで僕たちはタイ語を少し教えて貰う事になった
ディンが言うタイ語をひたすらオウムの様に返す
コップンカー! コップンカー!
サワディーカー! サワディーカー!


僕たちのタイ語は相当酷いらしく、言い返すたびに爆笑されてしまった


楽しい語学教室をお開きにし、明日はカンボジアに行くけどまた来るよと伝え
宿へ向かい眠った


続く